アポクリン腺 エクリン腺

MENU

アポクリン腺とエクリン腺の違いとは?!

夏が近づいてくると気になるのが、脇の臭いですよね。自分がワキガではないかと真剣に悩んでいらっしゃる方も少なくないと思います。

 

自分がたくさん汗をかいたときはもちろん気になりますが、脇汗ぐっしょりの人を見るとついつい「あ、なんだか臭そう・・・」と思ってしまうことってありませんか?

 

でも実は脇汗の量が多いからワキガ・・・というわけではありません。

 

もちろんそれも原因のひとつではありますが、ワキガの大きな原因は汗が出る場所、つまり「どの汗腺からの汗なのか」という事なのです。

 

汗腺は2種類存在する!ワキガの原因となるのはどっち?

汗腺には「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類があります。

 

これら2つの汗腺は汗をかくタイミングやその役割、存在する場所にそれぞれ特徴があります。ではそれぞれの特徴を見ていきましょう。

 

エクリン腺の特徴

エクリン腺は全身に存在します。1平方センチメートルに100個以上存在すると言われているほど、たくさんあるのです。

 

ここから出てくる汗は、99%水分でサラサラしていてワキガの原因になる事はありません。エクリン腺は体温を調節する役目があります。

 

動物は体毛などで体温を調節しますが、人間は体毛が薄くその役目を果たしていません。その代わりとして発達したのがエクリン腺なのです。

 

人はエクリン腺から汗を出す事で、体温の調節を自然にしています。エクリン腺は人にとってなくてはならない存在なのです。

 

アポクリン腺の特徴

アポクリン腺はエクリン腺とは違い特定の場所にしか存在しません。その場所は、脇の下、陰部、おへそ、耳、乳輪です。

 

ここからの汗はベタベタしていて、水分が7〜8割、残りがタンパク質、アンモニア、脂質などの成分となっています。

 

これらの成分が常在菌のひとつ、「コリネバクテリウム」に分解されることで、ワキガ独特の臭いを発する原因になるのです。

 

コリネバクテリウムがワキガの原因!?

一般的にワキガの臭いを発している常在菌は「コリネバクテリウム属」の細菌となります。しかし、この「コリネバクテリウム属」の細菌はワキガでは無い方にはあまり常在しない菌なのです。

 

このワキガでは無い人にはあまり常在しない原因には、ワキガでは無い人には菌自体の栄養となるアポクリン腺から出る脂質やたんぱく質が無い為に繁殖が出来ずに死滅しやすいからです。

 

コリネバクテリウムはアポクリン腺からの汗に含まれる脂肪酸がないと生きていけません。そのためアポクリン腺の無い場所からは、ワキガ臭がすることはほとんどありません。

 

アポクリン腺は何のために存在する??

アポクリン腺の特徴を見てみると、なぜ存在するのか疑問ではありませんか?

 

汗を出すためだけならエクリン腺だけで良いわけですし、アポクリン腺がなければワキガの心配もありません。

 

実はその昔アポクリン腺から出る汗は、フェロモンとして存在していました。

 

今では人間は見た目などで異性を判別していますが、大昔はニオイで判別していました。同じニオイの人は同族で、異なる遺伝子を持つ人と結ばれるためにニオイを出していたと言われています。

 

今では昔のように臭いで判別することはなくなり、アポクリン腺の発達も衰退してきています。しかし今でもその時の名残が残っていて、ワキガ臭を発してしまう人がいるのです。

 

ワキガの元であるアポクリン腺は見た目でわかる?

お話してきた通り、ワキガの原因はアポクリン腺からの汗です。

 

実はこのアポクリン腺の大きさや数には個人差があり、ワキガになりやすい人は大きい、または数が多いという特徴があります。

 

そこで気になるのが自分のアポクリン腺の大きさ、数ですよね。もしアポクリン腺が見ためでわかるなら、知りたい!!という方も多いはずです。

 

でも残念ながらアポクリン腺は外からの見た目ではわかりません。もちろんエクリン腺も同じです。アポクリン腺を見分けるためには、脇を切開しなければわからないのです。

 

脇を切開し裏返すと、いくらのようなツブツブがあります。いくらのような・・・と言っても、大きさには個人差がありますので、もっと小さい人や反対にもっと大きい人だっています。ただ他の汗腺よりも白っぽくプクッとしたのが、アポクリン腺です。

 

ただ先ほども言ったように外側からの見た目ではわかりませんので、基本的にはアポクリン腺を見た目で判断することはできないと言って良いでしょう。

 

アポクリン腺とエクリン腺まとめ

ワキガの原因となるのは、2つある汗腺のうちの「アポクリン腺」から出る汗でした。アポクリン腺は生まれた時点で、その数は決まっています。

 

遺伝的要素が大きく、両親や親戚にワキガの人がいる場合は、アポクリン腺の数が多く、大きくなりやすい傾向にあります。

 

出来ればエクリン腺からの汗のみだとありがたいのですが、私たちはそれを調節することはできません。

 

根本的に治すには手術しかありませんが、軽度であれば日々のケア、例えばこまめに汗を拭く事、清潔にする事などで臭いを抑えられます。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策