アポクリン腺 ない人

MENU

ワキガではない人にはアポクリン腺がない?!

脇の臭いが気になって、色々と調べたことがある方ならご存じかもしれませんが、ワキガの原因となるのは「アポクリン腺」という汗腺から出る汗です。

 

アポクリン腺がワキガの原因というのは知っているけれど、ワキガの人にだけ存在するのか、それともワキガじゃない人にも存在するのか気になりませんか?

 

そこで今回はアポクリン腺について調べてみました。

 

アポクリン腺っていったいどんなもの?

アポクリン腺から出る汗には、水分の他に脂質、タンパク質、アンモニア、鉄分などが含まれます。

 

これらの成分が常在菌の餌となり、その菌が繁殖する過程でワキガ独特の臭いを発してしまうのです。

 

アポクリン汗腺から出る汗はベタベタとしています。これはアポクリン汗腺から出る汗にはフェロモンとしての役目があるから蒸発せずに体にとどまる必要があるからです。哺乳類はこのアポクリン汗腺から出る汗のフェロモンで相性のいいお相手を選んできました。人間は体毛がほとんどなくなり脇の下や陰部など一部に体毛が残るだけになりましたが、アポクリン汗腺から出る汗はその機能を残しています。 
引用:ワキガの原因−どうして臭い人と臭くない人がいるの?

 

アポクリン腺は誰にでもある?ワキガじゃない人にはない?

アポクリン腺から出る汗がワキガの原因ということが分かりましたが、次に気になるのがアポクリン腺は誰にでもあるのか?ということですよね。

 

アポクリン腺はほとんどの人に存在します。ほとんどの人、というのは、稀に突然変異のような形でアポクリン腺が存在しない人もいるからです。

 

稀にこのような方もいらっしゃいますので「ほとんど」と表現しましたが、基本的には全ての人にアポクリン腺があるという認識で構わないでしょう。

 

つまりアポクリン腺はワキガでは無い人でも、身体に持っていることは持っているのです。

 

ではなぜ同じようにアポクリン腺を持っているのに、ワキガになる人とならない人がいるのでしょうか。

 

なぜみんなにアポクリン腺があるのに、ワキガになる人とならない人がいるの?

全ての人にアポクリン腺があるというのに、ワキガ臭がする人とそうでない人がいますよね。

 

なぜそのような違いが出るのかというと、それはアポクリン腺の数や大きさの違いによるものです。

 

ワキガ臭のする人は、アポクリン腺の数が多い、またはそれ自体が大きいという特徴があります。

 

ワキガの人はそうでない人の3倍くらいの大きさのアポクリン腺があると言われています。

 

これには遺伝的要素が大きく関係しています。両親や親戚にワキガの人がいれば、アポクリン腺が発達する可能性は高くなります。

 

可能性としては低いですが、家族にワキガの人がいなくてもワキガになってしまうこともあります。

 

アポクリン腺が多いか少ないかを決めるのが遺伝子です。アポクリン腺の量を決める遺伝には種類あります。G遺伝子とA遺伝子です。G遺伝子を持つ人は、体臭が強いことが分かっています。その為、外国人は、このG遺伝子を持つ人が多い為、アポクリン腺の量が多いと考えられます。よって、ワキガ体質になる確率も極めて高いと言えます。 
引用:ウチの脇汗対策|人気の制汗クリームやスプレーで悩み解消!

 

アポクリン腺が少ない人はワキガにならないのか?

アポクリン腺の数や大きさがワキガに関係していると言いましたが、ではアポクリン腺が少ない人はワキガにならないのでしょうか。

 

答えとしては「絶対にならないわけではないが、可能性としては極めて低い」ということです。アポクリン腺がある以上、人はそこから汗をかきます。

 

数は少なく小さくてもそこから出る汗を長時間放置していれば、ワキガのような臭いは発生します。一瞬、自分がワキガ体質になってしまったのではないかと、焦ってしまいますよね。

 

しかし、これは一時的なものでずっと続くわけではないので、ワキガ体質になったのではないので安心して下さいね。

 

 

まとめ

ワキガの原因であるアポクリン腺は全ての人に存在します。しかしその大きさや数によってワキガになるかならないかが変わってくるのです。

 

数が多い、または大きければワキガ体質になりやすいと言えます。反対に数が少ない、または小さい人はワキガになる可能性はかなり低いでしょう。

 

よく読まれている記事

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策