アポクリン腺 除去

MENU

アポクリン腺の除去手術の費用やリスクまとめ

ワキガの原因がアポクリン腺からの汗であることは、多くの方がご存じだと思います。

 

アポクリン腺は基本的には誰でも持っているもので、大きさや数によってワキガになるかならないかが決まっています。

 

もう一つの汗腺であるエクリン腺から出る汗は、ほとんど臭いがしません。

 

長時間放置して臭いがしたとしても、ワキガ独特の臭いとは違います。

 

つまりアポクリン腺をどうにかして除去してしまえば、ワキガの症状を軽減することが出来るのです。

 

アポクリン腺を除去する方法

剪除法

アポクリン腺を除去する方法として最も一般的なものです。脇の下をメスで切開し皮膚を裏返してアポクリン腺を除去する方法です。

 

目視して汗腺を取り除くので、高確率で取り除くことが出来ます。切開するので5センチほどの傷が残ってしまいます。

 

皮下組織吸引法

脇の下に小さな穴を開けて、カニューレと呼ばれる細い管を通していきます。その管を使ってアポクリン腺をかき出しながら除去する方法です。

 

傷口が目立たないというメリットはありますが、直接見て除去するわけではないので、アポクリン腺が残ってしまう可能性もあります。残ってしまった場合は、再発してしまうこともあります。

 

超音波吸引法

皮下組織吸引法と同じ方法で行いますが、アポクリン腺をかき出すのではなく管の先に超音波を発生させることで、アポクリン腺を破壊します。

 

こちらも全てのアポクリン腺を取り除くことは難しいとされています。また行う医師の技術によっては火傷をしてしまったり合併症が起こってしまったりする可能性があります。

 

皮下組織削除法

ローラと剃刀の刃のようなものを合わせた機械を使います。剃刀の刃の部分で皮下組織自体を削ることで、アポクリン腺を除去します。

 

回復まで時間が掛かってしまうのが難点ですが、傷口が小さいというメリットがあります。

 

 

アポクリン腺を除去するのにかかる費用は一般的にどのくらい?

これまでご紹介してきた方法でアポクリン腺を除去する場合、5万円〜40万円ほどの費用がかかります。

 

金額の差が大きいのは、保険適用になるかならないかで変わってきます。

 

保険適用になるには
  • 保険診療が可能なこと
  • その症状を医師が保険適用と認めること
  • 認められた手術法であること

この3つの条件が必要になります。 

 

保険適用にしてもらうには、医師に診断してもらう必要があります。美容外科ではできませんので、必ず皮膚科を受診しましょう。

 

アポクリン腺を除去するのはいいことばかりではない?その後遺症とは?

ワキガの臭いの元であるアポクリン腺を除去すると、臭いがなくなり快適に過ごせるようになる!という方がほとんどですが、中にはその後遺症に悩まされている方もいらっしゃいます。

 

剪除法の場合だとしばらくの間、手を上げることができません。なぜなら脇にメスを入れるので術後しばらくは、脇がつっぱったような感覚になるからです。

 

もちろんしばらくは痛みも伴います。また医師の技術によっては、傷口がずっと目立ってしまうこともあります。

 

超音波吸引法では、先ほどもいったように火傷をしてしまうことがあります。これは超音波が強すぎることで起こってしまうのです。火傷の跡が残ったり黒ずんだりしてしまうこともあります。

 

アポクリン腺を除去すれば絶対に再発しない?

アポクリン腺を除去するとワキガは絶対に治る!と考えている人が多いですが、実はそうではありません。

 

手術の方法や医師の技術によっては、アポクリン腺が残ってしまうことがあります。

 

目に見えているアポクリン腺は除去できていても、根っこが残っていることだってあるのです。そうなるとしばらくのうちは臭いが抑えられています。

 

しかし汗腺が活性化するとアポクリン腺が再生し、また臭いが出て来てしまう可能性があります。

 

アポクリン腺汗腺の取り残しが発生しやすいのは「吸引法」という手術方法です。吸引法は脇を1cm程度しか切開する必要がないので、傷跡が残りにくいのがメリットです。しかし、そこからカニューレという器具を差し込み、アポクリン汗腺を吸引する、という方法なので、アポクリン汗腺が完全に取り除けたかどうか医師が目視する事ができません。ですので、どうしてもアポクリン汗腺の取り残しが発生しやすいのです。

 

まとめ

 

ワキガの症状を軽減させるのに有効的なアポクリン腺の除去方法などについてお話してきました。

 

臭いが少なくなるというメリットは、ワキガの方にとっては大きいですよね。しかし費用の問題や後遺症などの問題も少なからず出てきます。

 

アポクリン腺除去の手術をする時には、しっかりと信頼できる医師に相談してから行いましょう。

 

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策