脇汗 コーヒー

MENU

コーヒーを飲むと脇汗がひどく、臭くなるのは本当だった?!

脇汗対策コーヒー

コーヒーを飲むとすごく脇汗が出る、脇の臭いがきつくなる、という噂を聞いたことがありませんか?

 

実際コーヒーを飲んで脇汗と臭いがひどくなった、と言う方もたくさんいらっしゃるようです。

 

もしこれが本当なら、脇汗が気になっていてコーヒーを飲んでいる方は、出来るだけ控えた方がいいですよね。

 

ここでは「コーヒーと脇汗の関係」について調べたことをご紹介していきます。脇汗でお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

 

コーヒーを飲むと脇汗が増えるというのは本当!?

脇汗対策コーヒー

脇汗が気になっている人の中には、「コーヒーを飲んだ後、特に脇汗が気になる」と言う方がいらっしゃいます。

 

実はコーヒーは実際に汗を出しやすくするという作用があるのです。

 

コーヒーの中にカフェインが含まれているのは、皆さんご存じだと思います。このカフェインこそが、汗がたくさん出てしまう原因なのです。

 

汗は自律神経の交感神経と副交感神経によって調節されています。交感神経が汗を出す役割をし、副交感神経は汗を抑える役割をしています。

 

コーヒーの中に含まれているカフェインは、体内に入ると交感神経を刺激してしまいます。

カフェインには、交感神経と発汗作用を活性化させる働きがあることから、脇汗の分泌もまた活発となってしまうのです。

そのためコーヒーを飲んだ後は、交感神経が優勢になり発汗が促進されてしまうのです。

 

コーヒーを飲んで汗が出ると感じている人の中には、食後に飲んだ時よりも空腹時に飲んだ方がより汗が出やすいと感じている人が多いようです。

 

明確な理由はわかっていませんが、空腹時にコーヒーを飲む方が身体にカフェインが吸収されやすいためではないかと言われています。

 

コーヒーを飲むと脇汗が臭くなるのは本当!?

脇汗対策コーヒー

「コーヒーを飲むと脇汗が出やすくなる」という噂とともに「コーヒーを飲むと脇汗が臭くなる」という噂もあります。

 

コーヒーは香りがきついので、そのためではないかという考えを持っている方もいらっしゃるようですが、実際はそうではありません。

 

コーヒーを飲むと脇汗の臭いがきつくなる原因には以下のようなものがあります。

 

汗の量が多くなり乾きにくくなる

先ほどもご説明したように、コーヒーに含まれるカフェインには発汗作用があります。

 

汗をたくさんかくと、どうしても乾きにくくなってしまいます。生乾き状態の汗は、臭いの元となる菌の大好物です。さらにジメジメして場所は菌が繁殖しやすくなるので、きつい臭いを発してしまうのです。

 

皮脂の分泌が促進される

コーヒーには皮脂の分泌を促進する作用があります。通常汗はサラサラしていて無臭です。しかし皮脂が多く混ざってしまうと、ドロドロで臭いのある汗になってしまうのです。

 

ワキガの臭いとは違い、雑巾のような臭いだと感じる人が多いようです。またドロドロだと乾きにくく、服に付いてしまうとなかなか落ちないので、菌が繁殖してしまうため、臭いを発してしまいます。

 

腎臓機能が低下してしまう

コーヒーには利尿作用があります。

 

少しくらいの利尿作用なら、老廃物を体外に出すことができるので良いのですが、コーヒーを飲みすぎるとその利尿作用によって腎臓に負担が掛かってしまいます。

 

腎臓に負担がかかると腎臓機能が低下して、反対に老廃物を尿と一緒に排出することができません。

 

そうすると体内の老廃物が汗に混ざって出てきてしまうのです。この汗も菌の大好物で、汗を餌にして菌が繁殖してしまい臭いの元となってしまいます。

 

コーヒーが原因でワキガになる!?

噂の中には「コーヒーを飲み続けているとワキガになる」と言うものがあります。しかし実際はコーヒーが原因でワキガになることはありません。

 

コーヒーが原因で出る汗は、エクリン汗腺という汗腺から出る汗なのです。このエクリン汗腺からの汗は基本的には無色無臭なものですが、老廃物や皮脂、汚れなどに菌が繁殖して臭いを出してしまうのです。

 

一方のワキガの汗はアポクリン汗腺という汗腺から出る汗です。アポクリン汗腺は生まれつき数が決まっており、数が多い人ほどワキガになりやすいのです。この汗はアンモニアなどの臭いの成分をたくさん含んでいるため、きつい臭いを発してしまいます。

 

このようにコーヒーが原因の汗と、ワキガの汗は根本的に違います。そのためコーヒーを飲み続けたから、といってワキガになるという心配はありません。

 

コーヒーの他にも脇汗をひどくするものはある?

脇汗をひどくするものはコーヒーの他にもいくつかあります。

 

紅茶やお茶

こちらはコーヒーと同じくカフェインが含まれているため、発汗作用があります。ノンカフェインのものもたくさん発売されているので、できるだけノンカフェインのものを選ぶようにしましょう。

 

香辛料

香辛料はかなりの刺激があります。この刺激は交感神経も刺激してしまい、汗を出してしまいます。辛い物を食べると汗がたくさん出るのはそのためです。さらに香辛料の臭い自体もきついので、毛穴からその臭いを発してしまうことがあります。

 

タバコ

タバコに含まれるニコチンも、交感神経を刺激する元となります。またタバコの臭いは身体に染みつき、体臭の原因にもなってしまいます。脇は汗をかきやすく、また臭いもこもりやすいので特に脇の臭いがきつくなったように感じてしまうのです。

 

さいごに

コーヒーを飲むと脇汗がひどくなるという噂は本当でした。と言っても、全ての人にその作用が現れるわけではありません。

 

毎日3回以上コーヒーを飲んでいても全く脇汗が気にならないという人もいれば、1回コーヒーを飲んだだけで噴くように汗が出る人もいます。

 

体質よって違うようですが、脇汗が気になるという方はなるべくコーヒーを飲む量を少なくするかノンカフェインのものを選んで飲むようにしましょう。

 

 

脇汗対策参考ページ

 

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策