脇 冬

MENU

寒い冬、暑くないのになんで??|脇汗だけひどいの?

脇汗暑くないのに、冬でもひどい

寒い冬。

 

暑くないはずなのに、気づいたら脇に汗がぐっしょりという経験はありませんか?

 

夏の汗はしっかりとケアしている人も多いですが、冬の汗はあまり気にしていない人も多いようです。

 

しかしこの冬の汗こそ、しっかりとケアしておかないと、汗ジミや嫌な臭いの原因になってしまうのです。

 

冬でも脇汗がぐっしょりになってしまうのはなぜ?

ストレスや緊張によるもの

人は暑くなくても緊張やストレスによって汗をかいてしまいます。面接や上司に叱られるという場面で、嫌な汗をかいたという経験をしたことがある人もいらっしゃると思います。

 

これを一般的に「精神性発汗」と言います。

 

さらに「また汗をかいたらどうしよう」「今以上に汗ジミができたらどうしよう」というストレスからも汗をかいてしまうことがあります。このストレスは特に女性に多いと言われています。

 

 

暖房の暑さによるもの

冬は外の気温が寒いので、暖房をガンガンかけているというご家庭も多く、さらにお店なんかも温かい所が多いですよね。

 

寒い所から急に温かい所や暑い所に入ると体温調節機能が一旦おかしくなってしまい、ドバっと汗が出てきてしまいます。特に汗腺が多い脇や顔などはその時に汗をかきやすくなってしまうのです。

 

さらに温かい室内で長時間過ごしていると、身体が温かくなり汗をかきやすくなってしまいます。オフィスなどの温かい場所で長時間働いている人は注意しましょう。

 

冷えによるもの

実は冷えによっても脇汗が出てしまうこともあるのです。

 

足や腰は冷えているのに、脇や背中の汗がすごい・・・という経験はありませんか?そんな経験がある方は、冷えが原因かもしれません。

 

そもそも、からだは「頭寒足熱」の状態がよいのです。つまり上半身は涼しく、下半身は温かく感じるのが健康の証です。 

 

引用:脇汗は冷えが原因かも?!逆転の発想で脇汗を抑える方法 http://sokkadayo.jp

 

このように通常は下半身が温かい状態ですが、寒さによって血流が悪くなり下半身が冷えてしまうことがあります。そうすると上半身に熱が溜まってしまうので、脇や背中に大量の汗をかきやすくなってしまうのです。

 

夏の汗より冬の汗が臭いやすい!?

脇汗暑くないのに、冬でもひどい

冬は夏よりも汗をかく量は少ないですが、冬の汗は夏の汗よりも臭いやすいことが多いのです。

 

コートやジャケットを脱いだら、モワッと臭いがした・・・という経験をしたことがある方もたくさんいらっしゃいます。

 

ではなぜ冬の汗は臭いがきつくなってしまうのでしょうか。それにはいくつかの要因があります。

 

水分不足によるもの

冬はどうしても夏より水分を摂る機会が減ってしまい、汗の量も夏よりは減りますよね。

 

しかし身体から出る老廃物の量は、夏も冬も変わりません。そのため冬は汗に含まれる老廃物が増えてしまうため、ドロドロの汗になってしまいます。

 

ドロドロの汗は臭いを発しやすく、乾きにくいので夏のサラサラした汗よりも臭いやすくなってしまうのです。

 

 

洋服の通気性が悪い

冬は厚着をするため、脇の下にさらに熱がこもりやすくなってしまいます。しかも元々通気性が悪いのに厚着をして、余計に通気性が悪くなってしまうので、汗が乾きにくく生乾きの状態になるのです。

 

生乾きの状態は、臭いの元である菌が繁殖しやすい環境です。汗から出た老廃物や皮脂などを餌にして菌が繁殖し、あの嫌な臭いを発してしまいます。

 

汗腺が衰えている

運動を良くしている人は汗をよくかきますよね。汗をかくと汗腺は鍛えられ、身体に必要な塩分は体内に残して、水分だけを外に出すことができます。

 

夏は汗をたくさんかきますが、その分汗腺が自然と鍛えられているので、臭いの少ないサラサラの汗であることが多いのです。

 

しかし冬は汗をかくことが少なく、汗腺が鍛えられません。すると体内に必要な塩分まで身体の外に出てしまうので、塩分をたくさん含んだベタベタした汗になってしまいます。

 

先ほども言ったようにベタベタした濃い汗は、菌の大好物です。そこに菌が集まり臭いを発生させてしまうのです。

 

臭いがきつい冬の脇汗を予防する5つの対策

通気性の良い服を着る

冬の脇汗の原因のひとつに服の通気性が悪い、と言うものがあります。

 

寒いので風通しの悪い服を選んでしまいがちですが、脇汗に悩んでいるのなら出来るだけ通気性のよい服を選ぶようにしましょう。

 

綿100%の素材のものは通気性も良く速乾性もあるので、脇汗対策にはおススメです。

 

上着を長時間着なければいけない時はこまめに前を開けるなどして、服の中にこもった空気を換気すると汗が乾くので臭いの対策になりますよ。

 

こまめに汗を拭く

臭いや汗ジミが気になるときは、こまめに汗を拭くと効果的です。こまめに拭くことで汗が服に付いてしまうのも防げますし、臭いの元となる菌の繁殖も防ぐことができます。

 

汗をかいたと感じたら出来るだけ早めに汗を拭き取るようにしましょう。脇汗用のシートを使うと除菌や消臭も出来るので、脇汗を拭き取るときにはぜひ活用してみてください。

 

軽い運動をする

汗腺が衰えていると臭いのきつい汗が出てしまいます。衰えた汗腺を鍛えるためには、軽い運動をするのが効果的です。毎日、ウォーキングや軽いジョギングを行うことで徐々に汗腺は鍛えられていきます。

 

続けるのが難しい、時間が取れないという方は、通勤は出来るだけ歩く時間を長くする、会社などでもエレベーターではなく階段を使う、買い物は歩いて行く、など日常で出来ることを少しずつでいいので、やってみて下さい。

 

ほんのり汗をかく程度の運動を行うことで汗腺が鍛えられ、ベタベタ汗もかきにくくなります。

 

半身浴をする

こちらも汗腺を鍛えることができます。湯船に38〜40度(自分が熱くないと思う程度の温度)を半分くらい溜めます。そして30分〜1時間、半身浴をします。半身浴の時はなるべく手は付けないようにしましょう。

 

全身の汗腺が鍛えられる上に、血行が良くなり冷えも解消されるので、脇汗の改善にもつながります。またお好きな香りのアロマオイルを4〜5滴垂らして入浴すると、リラックス効果もありますよ。

 

下半身を温める

脇汗をたくさんかいてしまうのは、下半身が冷えているからかもしれません。下半身を温めることにより全身の血行が良くなり、冷えが改善されます。

 

すると上半身に溜まっていた熱も全身に分散されるので、脇汗をかきにくくなるのです。

 

一番効果があるのは足湯ですが、オフィスなどの特に冷えが気になる場所ではできませんよね。

 

足をなるべく冷やさないようにするには、毛糸やモコモコの靴下を履く、ひざ掛けをかける、椅子にホットクッションなどを敷く、などの工夫をすることが大切です。家にいる時はこたつに入ってゆっくりするのもおススメですよ。

 

まとめ

脇汗対策

実は夏の汗よりも厄介な冬の汗。

 

たくさん汗をかくことが無いのでついつい放置してしまいがちですが、気づいたら汗ジミができて臭ってくる・・・なんてことになりかねません。

 

冬の汗が臭う原因はさまざまですが、まずはその原因を見つけて対処していくことが必要です。

 

すぐに効果が現れるものもあれば、少しずつ効果が現れるものもあります。少しずつ効果が現れるものは根気がいりますが、脇汗改善のためにしばらく我慢して続けてみて下さいね。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策