脇汗 身体 汗 違い

MENU

脇汗とそれ以外の身体の汗は違うの?!

脇汗の量や臭いに悩んでいるという方もたくさんいらっしゃると思います。

 

でも汗って全身にかきますよね。その中でなぜか脇だけ臭いを発してしまいます。

 

他の部分は汗をかいてもそんなに臭いがしないのに、なぜ脇だけ汗をかくと臭いを発してしまうのでしょうか。

 

またなぜ脇汗だけ異様にかいてしまうのでしょうか。

 

今回は脇汗と他の部分の汗の臭いが違うのはなぜか?という事についてお話していきたいと思います。

 

脇が臭うのはアポクリン汗腺のせい?

脇から臭いがする原因で、まず考えられるのが「ワキガ」です。確かにワキガの人は独特の臭いがしますよね。

 

ワキガの人も脇以外からも汗はかきます。でも脇以外のところからはあの独特の臭いはしません。

 

なぜ同じ汗なのに脇と脇以外のところでは臭いがちがうのでしょうか。

 

それは「汗腺」が関係しています。

 

人の身体には汗を出す汗腺が2種類あります。ひとつはエクリン汗腺で、もうひとつはアポクリン汗腺です。

 

エクリン汗腺から出る汗は、99%が水分で出来ており、透明でサラサラとしています。サラサラとしているので、汗をかいても比較的すぐに乾き臭いの元となる菌は繁殖しにくくなっています。

 

反対にアポクリン汗腺から出る汗は、白っぽくベタベタしています。これは汗の中に脂肪やたんぱく質などがたくさん含まれているからです。

 

アポクリン汗腺から出る汗は、ベタベタしているので乾きにくく菌が繁殖しやすい状態にあります。

 

しかも、脂肪やたんぱく質など菌が好んで餌にする成分が含まれているので、さらに繁殖しやすくなります。この菌が繁殖するときに成分が分解され、独特の臭いを発します。

 

ワキガの人はアポクリン汗腺が生まれつき多い、または大きいのです。そのためアポクリン汗腺からの発汗が多くなり、臭いが出てしまいます。

 

アポクリン腺があるのは、「全身」にはない

アポクリン汗腺は全身にまんべんなくあるのではなく、「脇の下、乳首、おへその周り、陰部」に集中して存在します。

 

そのため顔や背中などにたくさん汗をかいても、その部分からは独特の臭いはしません。

 

ワキガの人が全身から臭いがしないのは、何故だかわかっていただけましたか?

 

では次はワキガでは無いけれど脇からだけ臭いがする場合を見ていきたいと思います。

 

エクリン汗腺からの汗でも臭いがする!?

先ほど「エクリン汗腺から汗をかいても比較的すぐに乾き臭いの元となる菌は繁殖しにくい」と言いましたが、実はエクリン汗腺からの汗でも臭いを発してしまうことがあります。

 

それは長時間放置した時、汗腺の働きが鈍っている時、疲れている時などです。

 

いくらサラサラしている汗でも、たくさん汗をかいてそれを長時間放置していれば少なからず菌は繁殖してしまいます。そうするとその菌から臭いが出てしまいます。

 

また汗腺の働きが鈍っている時や、疲れている時などは汗に塩分やミネラル、乳酸が混ざってしまいます。

 

そのためエクリン汗腺から出た汗でも、ベタベタしている汗になってしまうのです。ベタベタした汗は先ほどと同じく、乾きにくく菌が繁殖しやすいので、臭いを発してしまいます。

 

ただしこの汗の臭いは、ワキガの臭いとは違って「雑巾のような臭い」「プールのような臭い」「酸っぱい臭い」といったいわゆる「雑菌臭」がします。

 

ワキガじゃないのに脇だけ臭いが気になるのはなぜ?

アポクリン汗腺と違ってエクリン汗腺は全身にあります。しかし臭いが気になるのは、脇だけと言う方が多いですよね。

 

それはなぜなのでしょうか?それは脇が他の部分より菌が繁殖しやすい状態にあるからです。

 

他の部分より汗腺が多い

脇は身体の他の部分と比べると、汗腺が多く存在しています。そのため全身の中でも汗をかきやすくなっているのです。

 

ジメジメしている

脇は風通しが悪く、汗をかきやすい場所でもあります。風通しが悪いので汗をかいても、なかなか乾かずジメジメしていることが多いのです。

 

ジメジメしている所は菌が好み、繁殖しやすい場所なので臭いがしてしまいます。

 

熱がこもりやすい

菌が繁殖しやすいのは人肌の36度前後です。脇は体温を測るときに使いますが、測ってみるとだいたい36度前後だと思います。つまり脇は菌が繁殖しやすい温度なのです。

 

これらの原因から全身の他の部分よりも脇からの臭いが最も出てしまうのです。

 

脇汗の臭いを防ぐ方法

弱酸性の石鹸で洗う

臭いが気になるときは、香りの付いた石鹸やボディソープで洗ってしまいがちですが、それよりも弱酸性の石鹸を使う方が汚れが落ちて、臭いの防止になります。

 

石鹸を十分に泡立てて、ゴシゴシ擦るのではなく、泡で優しく洗うようにします。そうすることで皮膚を傷つけずに、汚れだけをキレイに落とすことができます。洗った後は十分に乾かしましょう。

 

水分を多く摂るようにする

水分を摂る量が少ないと、体内の水分が少なくなってしまい汗をかかなくなってしまいます。

 

そして出てきた汗には、塩分やミネラルが多く含まれてしまいベタベタした汗になってしまいます。この汗は臭いの原因になってしまいます。

 

臭いの出ない汗にするためには、出来るだけ水分を摂って代謝を良くし、汗をかくようにしましょう。

 

こまめに汗を拭く

脇の臭いが気になるのは、汗が服に付いてそれを長時間放置することで、菌が繁殖してしまうからです。臭いの元となる菌を繁殖させないためには、汗をこまめに拭き取るが大切です。

 

脇用の殺菌効果のあるボディシートを使うと、汗を拭き取ると同時に殺菌もできるので菌が繁殖しにくくなりますよ。

 

まとめ

身体の他の部分の汗と脇汗の臭いが違うのは、まず汗が出てくる汗腺が違うこと、そして脇は他のところよりも菌が繁殖しやすいということが原因でした。

 

脇汗の臭いが気になる方は、菌が繁殖しやすい状態をなくすことから始めてみましょう。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策