シャツ 黄ばみ 落とし方

MENU

お気に入りのシャツが黄ばんだ・・・|その黄ばみの落とし方をご紹介します!

シャツの脇が黄ばんでしまったら、みなさんはどうしていますか?

 

一度ついてしまった黄ばみはなかなか落とすことができず苦労してしまいます。
しかも脇の黄ばみは意外と目につきやすく、目立ってしまうんです。

 

なかなか落ちないので、そのシャツは捨ててしまうという方も中にはいらっしゃるかもしれません。

 

でもそれがお気に入りの服だった場合、なんとかして黄ばみを落としたいですよね。

 

ここでは脇汗による黄ばみの効果的な落とし方をご紹介していきます。

 

脇汗でシャツが黄ばんでしまう原因

シャツ黄ばみ落とし方

黄ばみを落とすには、まず黄ばんでしまう原因を知っておくことが大切です。黄ばんでしまう原因はいくつかあります。

 

皮脂が原因の黄ばみ

シャツについた汗が、時間がたって酸化してしまい黄ばみになってしまいます。

 

制汗剤が原因の黄ばみ

使った制汗剤が体質に合わない場合、制汗剤と汗が化学反応を起こしてしまい、黄ばみのもとになることがあります。また制汗剤に着色料が入っていて、それが黄ばみの原因になることも・・・。

 

アポクリン汗腺からの汗が原因の黄ばみ

アポクチン汗腺からの汗には、タンパク質や脂肪などが含まれています。そしてその中に「リポフスチン」という色素成分も含まれているので、シャツが黄ばんでしまうのです。

 

シャツが黄ばんでしまった!そんな時に役立つ黄ばみの落とし方

黄ばみをどうしても落としたいという方に、ここからはシャツについた黄ばみの落とし方についてして説明していきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

酸素系の漂白剤を使う

しつこい黄ばみの場合は50度くらいのお湯に漂白剤を溶かして、その中にシャツを1〜2時間ほどつけおきします。そのあとは普通に洗濯機にいれて洗ってください。

 

お湯の温度はぬるすぎると汚れが落ちにくくなり、熱すぎると漂白剤の有効成分がなくなってしまいます。だいたい50度くらい、触って「ちょっと熱いな」というくらいにしておきましょう。

 

それでも落ちないときは、漂白剤の原液を黄ばみの部分に直接塗り込む方法もあります。

しかしこの方法は刺激が強いので、洋服の生地を傷めてしまうことがあります。どうしても落ちないときの最終手段として使うようにしてくださいね。

 

重曹を使う

重曹に水を混ぜてペースト状にしたものを、黄ばんだ部分につけてこすり洗いします。重曹はお肌にも洋服にも優しい成分ですので、洋服を傷めずに黄ばみを落としたい方におススメです。

 

少しの黄ばみであれば、重曹液を作ってしばらくつけおきしても効果があります。重曹液は水500mlに大さじ1杯の重曹を入れてよく混ぜるだけなので、とても簡単に作ることができます。

 

酸素系漂白剤と重曹を合わせて使う

酸素系漂白剤大さじ2と重曹大さじ1を40度のお湯に溶かします。1時間ほどつけおきをして、柔らかい歯ブラシで黄ばみをこすった後、ドライヤーかアイロンのスチームをあててから洗濯機で洗います。そうすると頑固な黄ばみも落とすことができます。

 

台所用洗剤で予洗いをする

台所用洗剤は油汚れに強いので、皮脂汚れも落としてくれます。洗剤を直接黄ばみ部分につけてもみ洗います。そのあとは普通に洗濯をします。

 

界面活性剤が入っている洗剤を使う

界面活性剤は皮脂分解酵素が含まれていて、黄ばみに有効なのです。裏面などに書かれている、成分表をみて界面活性剤が含まれているものを選ぶようにしましょう。

 

さいごに

黄ばみは一度ついてしまうとなかなか落ちません。さらに時間がたってしまうとなおさら落ちにくくなります。

 

これまでに洋服に黄ばみができてしまった経験がある人は、黄ばみができていなくても汗をかいたと思った時点で、洗濯をする前に脇の部分だけ予洗いしておくと、黄ばみがつきにくくなります。

 

一番は汗を洋服につけないことですので、脇の部分に防水スプレーをふったり、脇汗パッド制汗剤などで保護したりしましょう。

 

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策