更年期 脇汗

MENU

更年期障害で脇汗がひどくなる?|その関係とは?

更年期障害脇汗

元々汗かきな方ではないのに、40代を過ぎてから急に汗をかくようになった。脇の臭いが気になるようになったと言う方がたくさんいらっしゃいます。

 

これは更年期障害の症状のひとつです。時間が経てば更年期障害はおさまりますが、すぐにおさまる方もいれば10年以上続いてしまうという方もいらっしゃいます。

 

もし長く続いてしまうのならば、汗の悩みはなんとかして解消したいですよね。特に女性なら見ためや臭いには敏感です。周りの人にどう思われているのかなど、とても気になってしまいます。

 

完全に更年期障害を改善するのは難しいですが、脇汗を改善する方法はいくつかあります。ぜひ実行して少しでも脇汗を改善していきましょう。

 

そもそも更年期障害ってどんなもの?

更年期障害は40代〜50代の女性に起こりやすいとされています。

 

加齢のため卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

 

急激にエストロゲンが減ってしまうので、ホルモンバランスが崩れてしまうので、自律神経にも影響が出てしまうのです。

 

自律神経は、自分が意識して動かせない機能(発汗や心拍、血液の流れなど)を司っています。

 

そのため自律神経が乱れてしまうと、身体に不調が出てしまうのです。
発汗はもちろん、動悸、息切れ、頭痛、イライラ、倦怠感などがその主な症状です。

 

更年期障害と脇汗の関係

更年期障害で多い症状は多汗です。気温は暑くない、むしろ寒いくらいなのに急に身体がほてりだし、上半身にドッと汗をかいてしまう、朝起きたら寝汗がぐっしょりなど、発汗の機能が上手く働かなくなってしまいます。

 

これを一般的に「ホットフラッシュ」と呼びます。

 

更年期障害で汗をかくのは上半身が多いとされています。その理由は上半身に活発な汗腺が多いからなのです。

 

更年期になると運動をする人は少なくなると思います。すると汗をかく機会が減ってしまい、体中の汗腺の機能が低下し、汗腺が「お休み状態」になってしまうのです。

 

そして更年期障害が始まると、ホルモンバランスの乱れから大量に汗をかいてしまいます。お休み状態の汗腺は慌てて汗を出そうとしますが、上手くいきません。

 

その時最初に動き出すのが、心臓に近く汗腺が多い場所である、脇や顔、背中などの上半身の汗腺なのです。

 

そのため更年期障害の多汗は、上半身、特に脇に汗をかきやすいのです。

 

更年期の脇汗は臭う?

脇汗で最も気になるのが、その「臭い」ですよね。

 

更年期障害で出る脇汗の臭いは、それまでの脇汗よりも臭いがきついと言われています。

 

まず先ほども言った汗腺がお休み状態なのに汗が出てしまうところに理由があります。汗腺がお休み状態ということは、汗腺としての機能を上手く果たせていないということです。

 

汗腺は汗を出す事だけが仕事ではありません。もちろんそれがメインではあるのですが汗腺は汗を体内から出すときに身体に必要な塩分は身体に残して水分のみを排出するという役目があります。

 

しかし汗腺がお休み状態だとその機能が低下してしまい、身体に必要な塩分まで汗と一緒に出してしまうのです。

 

つまりその汗は濃度の濃いベタベタした汗になってしまいます。濃度の濃い汗は臭いの元となる菌の餌になり、菌がどんどん繁殖してしまい臭いがきつくなってしまうのです。

 

また更年期障害が起こっている頃にかく汗は、アンモニアなどの成分がたくさん含まれている場合があります。

 

アンモニアを含んでいるというだけで臭いがきつそうですよね。そしてさらにこの汗は先ほどの濃度の濃い汗と同じく、ベタベタしていて乾きにくい状態です。

 

特に脇の下は元々ジメっとしていて乾燥しにくいので、余計に菌が繁殖しやすい環境を作りだしてしまうのです。

 

更年期障害による脇汗の改善方法

女性ホルモンのバランスを整える

更年期障害による脇汗は、女性ホルモンのバランスが崩れてしまうことで起こります。女性ホルモン、特にエストロゲンの分泌を正常化させることが必要になってきます。

 

女性ホルモンの分泌を正常化させるためには、まず規則正しい生活が重要です。早寝早起きを心掛け、食事の時間も決めておくことで体内リズムが整い、女性ホルモンが分泌されやすくなります。

 

そして食べ物から女性ホルモンを摂ることを心掛けましょう。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする「イソフラボン」を摂取することで、女性ホルモンを活性化させることができます。

 

イソフラボンは主に大豆食品に含まれていますので、積極的に大豆食品を食べるようにしましょう。

 

豆乳なんかを毎日飲んでもいいですね。ただし、イソフラボンの摂り過ぎは禁物です。1日65〜75mgを上限に摂取するようにしてください。

 

それ以上の量を毎日摂り続けると、女性ホルモン過多になってしまい、乳がんや子宮がんのリスクが高くなってしまいます。

 

軽い運動をする

毎日軽い運動をすることで、汗をかく機会が増えます。そうすると汗腺が鍛えられ、機能が回復するのです。

 

更年期障害によるものなので、汗をかく量は変わらないかもしれませんが、全身の汗腺を鍛えることにより上半身にだけ汗をかく、ということが少なくなってきます。

 

また汗腺の機能が回復するため、ベタベタの汗もかきにくくなるのです。

 

脇汗を気にしないようにする

ぐっしょりの脇汗を気にするな!というのは難しいかもしれませんが、汗を気にしすぎることでさらに汗をかいてしまうという悪循環が起こってしまう可能性があります。

 

これは精神性発汗と言い、「また汗をかいたらどうしよう」という緊張やストレスから汗が出てしまうことです。女性なら汗は気になってしまうものですが、なるべく気にしないようにして緊張やストレスを少なくすることが大切です。

 

お医者さんに相談する

いろいろ試してみても効果が無い場合は、専門のお医者さんに診てもらうのも良いでしょう。

 

通常の脇汗ならば皮膚科ですが、更年期障害の場合は女性ホルモンが関係しているので、婦人科がおススメです。婦人科ならば女性ホルモンの分泌を整えてくれる薬や漢方を処方してもらえます。

 

制汗剤を使う

脇汗と止めたい、脇汗の臭いを軽減したいなら、「制汗剤」が効果も高くすぐに対策できます。

 

おわりに

脇汗対策

更年期障害による脇汗は、普通の脇汗とは少し違う特殊なものです。

 

一番の改善方法は女性ホルモンを整えることですが、それ以外にも改善方法はありその方法は通常の脇汗対策と変わりません。

 

特殊と言っても、改善方法はどれも難しい事ではありませんので、更年期障害による脇汗に悩んでいる方はぜひ試してみてください。

 

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策