脇汗 ミョウバン水

MENU

脇汗、脇の臭いにミョウバン水が効くって本当ですか?

脇汗対策ミョウバン

脇汗とニオイが気になって、満員電車や人が集まるところに行くのが怖い・・・。

 

この脇汗とニオイを何とかしたくて、いろいろなデオドラント商品を使ってみたけれど、どれも効果が感じられない。
効果はあったけど、金額が高いので続けられない。

 

という方に試してみてほしいのが、「ミョウバン水」です。

 

ミョウバンって聞いたことはあるけれど、実際どんなものなのか、本当に脇汗やニオイに効果があるのか、どうやって使うのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな方のために、ここではミョウバンについてのお話と、ミョウバン水の作り方や効果的な使い方についてご説明していきますので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

そもそもミョウバンって何?!|肌に悪いものではないの?

ミョウバンは、カリウム・アンモニウム・鉄・アルミニウムなどが、硫酸塩と結合してできたものです。

 

その歴史は古く、古代ローマの時代から天然のデオドラントとして使われてきました。現在でも市販のデオドラント商品より、脇汗やニオイに効果があると重宝されています。

 

食品添加物としてベーキングパウダーやお漬物などに使用されているミョウバンは、口にもできるほど安心で安全な成分なのです。

 

金額もリーズナブルで、スーパーなどで簡単に買うことができ、60g100円くらいの値段で売られています。

 

ミョウバン水が脇汗や脇の臭いに効果があるってなんで?

脇汗対策ミョウバン

ミョウバンは水に溶けると酸性になる性質があります。

 

脇汗のニオイの原因である雑菌はアルカリ性ですので、酸性のミョウバンを塗ることで中和し、菌の繁殖を防ぐことができます。

 

また肌を引き締める効果もあるので、毛穴を引き締め汗が出にくくなるという制汗作用も持ち合わせています。お肌を引き締める効果は美肌の効果もあるので、ミョウバンを塗っておくとツルツルのワキになります。

 

基本的にはお肌に優しい成分なので刺激は少ないですが、敏感肌の方や体質などによって、かゆくなったりかぶれたりしてしまうこともあります。必ず脇に使用する前に腕の内側などで、パッチテストを行うようにしてください。

 

もしかぶれやかゆみの症状が出たときはすぐに洗い流し、しばらく経ってもおさまらなければ病院に行くようにしてくださいね。

 

ミョウバン水の作り方はカンタンです!

脇汗対策ミョウバン

ミョウバン水の作り方はとても簡単です。

 

ミョウバンは焼きミョウバンでも普通のミョウバンでもどちらでもかまいません。ミョウバン1:3水の割合で作ります。

 

ペットボトルやビンなどの容器に入れた水の中にミョウバンを入れてよく振ります。それを1〜2日日の当たらないところに置いておくだけです。←これはミョウバン水の原液です。

 

たまに様子をみて、もしミョウバンが沈殿しているようなら何回か振るようにしてください。

 

容器は金属を使っていない物を使用してください。ミョウバン水は酸性ですので、錆びてしまうことがあります。

 

実際にミョウバン水を使うときは、先ほど作った原液を10倍くらいに薄めて使います。

 

希釈度は肌質や脇汗、ニオイの度合いによって変えてください。この希釈水を作るときに、お好みのアロマオイルを垂らすとほんのり香りを付けることができます。

 

さらに消臭効果を高めたいときは、水ではなく緑茶を使うとカテキンとの相乗効果で消臭力がアップします。ただし緑茶を使ったミョウバン水を使うときは、色移りの可能性があるので白い服などは気を付けてくださいね。

 

ミョウバン水はどう使う?効果的な使い方とは

ミョウバン水は汗をかいていないキレイな状態の脇にスプレーで吹きかけるか、コットンにたっぷりとなじませて、脇にじっくりと染み込ませます。

 

ミョウバン水は、お風呂上りに使うのが特に効果的です。

 

お風呂上り以外に使うとき脇のニオイが特にきついときは、まずスプレーを吹きかけて一度ティッシュやタオルで拭き取ります。

 

そうすると脇にあるニオイの元を拭き取ることができます。そして最後にもう一度スプレーを吹きかけておくと、脇汗とニオイの予防になります。

 

さいごに

ミョウバンは金額もリーズナブルで、どこでも簡単に手にいれることができます。軽度の脇汗や脇の臭いであればしっかり予防対策することができます。

 

ミョウバン水も2日あれば簡単に作ることができるので、脇汗やニオイで悩んでいるけれど、あまりお金がかけられないという方には、おススメしたい対処法です。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策