脇汗 お風呂

MENU

脇汗対策にはお風呂?|汗腺を鍛える入浴法とは?

脇汗対策お風呂

皆さんの中には脇汗の臭いがどうしても気になると言う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

脇汗にはサラサラの汗とベタベタした汗があるのをご存知ですか?

 

脇汗が臭うのはベタベタした汗を長時間放置して、臭いの菌がその汗を餌にして繁殖するからなのです。

 

そしてベタベタした汗が出る原因は、主に汗腺の機能が低下してしまうことです。

 

汗腺は普段から使われていない、つまり汗を普段からかかない状態が続くと、機能が低下してしまいます。

 

機能が低下すると、本来身体に必要な成分まで汗と一緒に流れ出してしまいます。そのため濃度が濃く、ベタベタした雑菌の好きな汗になってしまうのです。

 

基本的には全身の汗腺の機能が低下し汗が出にくくなるのですが、比較的心臓に近く、汗腺が多い脇に全身の汗が集中してしまいます。ベタベタ汗が脇に多く臭いを発してしまうのはこのようなメカニズムなのです。

 

このベタベタ汗やひどい脇汗を改善するには、全身でほどよく発汗できるように汗腺を鍛えてあげる必要があります。

 

全身の汗腺を鍛えるには

汗腺を鍛えるためには汗を頻繁にかくことが大切になってきます。頻繁に汗をかくことで汗腺が通常通りの働きをし、サラサラの汗になるのです。

 

では汗腺を鍛えるにはどのようなことをすれば良いのでしょうか。

 

出来れば毎日軽い運動をするのが理想ですが、仕事や家事、育児で忙しい方はなかなか運動をする時間が取れないと思います。

 

そこで今回は汗腺を鍛える別の方法をご紹介したいと思います。

 

汗腺を鍛えるにはお風呂が有効です。

実はお風呂が脇汗対策や汗腺を鍛えるのに効果があるのです。お風呂に入ると汗をかきますよね。その汗をかくという行為が、汗腺を鍛える事になります。

 

ただし熱いお湯に短い時間使って、一気に汗をかくのでは意味がありません。この汗のかき方だと余計に脇汗をひどくしてしまう可能性があります。

 

理想的なのはぬるめのお湯(37〜8度くらい)に浸かって、じわじわとゆっくり汗をかくことです。そうすることによって汗腺が徐々に鍛えられていきます。

 

もちろんすぐに汗腺が通常の機能に戻るわけではありません。最初のうちはお風呂にゆっくり浸かっても、汗をかかないかもしれません。

 

しかし毎日続けることによって、確実に汗腺が鍛えられていきます。この方法を続けていたら、お風呂に浸かってしばらくすると汗が流れるように出るようになってきたという人が大勢います。私もその1人です。

 

お風呂を上がる前には冷水を身体にかけて出ると、毛穴が引き締まりお風呂上りに汗をかきにくくなります。ただし冷水をかけるのは、ご自身の体調と相談して行うようにして下さいね。

 

脇汗の臭いに効果的な入浴法とは?

脇汗の臭いを抑えるのに効果的な入浴方法は「重曹風呂」「ミョウバン風呂」「お酢風呂」の3つです。これらの成分には臭いの元となる原因菌を殺菌してくれる効果があります。

 

どれも簡単に購入することができ、お風呂に混ぜるだけですのでぜひ試してみて下さい。

 

重曹風呂

重曹風呂の作り方、200L(通常の浴槽)にひとつかみほど入れます。だいたい40gくらいです。重曹は身体に悪い成分は含まれていませんので、少しくらい入れすぎても問題はありません。

 

重曹には殺菌効果だけでなく、お肌をツルツルにしてくれる美肌効果もあります。臭いの原因菌が好きな古い角質も取り除いてくれるので、ダブルで脇汗の臭い対策になりますよ。

 

 

ミョウバン風呂

ミョウバンは毛穴を引き締め汗を抑制するだけでなく、アポクリン腺のたんぱく質を固まらせ、分泌されないようにする働きや汗の臭いそのものの消臭にも効果があります。

 

このようにミョウバンは臭いを消す効果があります。ミョウバン風呂の作り方は200Lのお湯に約5gを混ぜると出来上がりです。お風呂を上がるときは身体を流さずに出ると、ミョウバンの効果が長続きしますよ。

 

 

お酢風呂

家に重曹やミョウバンが無い場合は、お酢を使ったお風呂でも脇汗対策になります。

 

お酢を入れたお風呂が体臭やわきがに効く理由は、お酢に多く含まれるクエン酸にあります。クエン酸が汗腺に吸収されると、乳酸とアンモニアの発生を抑えてくれるので、体内の環境が酸性に傾きにくくなる他に、殺菌の効果と皮膚を弱酸性に保つ効果もあるので細菌が繁殖しにくい状態を作ることができます。

 

お酢風呂は、お湯200Lに対しお酢コップ1杯分(約200ml)を浴槽に入れて良く混ぜると出来上がりです。お風呂上りにもしお酢の臭いが気になるようなら、洗い流してから上がってくださいね。

 

以上が脇汗や汗腺を鍛えるのに効果のあるお風呂でした。次は汗腺を鍛えるのにさらに効果的な「半身浴」についてお話していきたいと思います。

 

 

効果を高める半身浴の正しい行い方

脇汗対策お風呂

半身浴をすると言っても正しい行い方を知っている人は少ないのではないでしょうか。間違った行い方をすると反対に身体に負担を掛けてしまう事にもなりますので、正しい行い方を知っておくことが大切です。

 

ここからは半身浴の正しい行い方をご説明します。

 

お湯の温度は38度くらいが良いでしょう。あまり熱くしすぎると身体の表面ばかりが温まり、のぼせの原因となってしまいます。

 

入浴前はコップ1杯で良いので水分を摂っておきます。飲むタイミングは半身浴をする30分ほど前がベストです。

 

そして半身浴の最中にも水分補給をする事を忘れないでください。

 

半身浴はたくさん汗をかき、さらにゆっくりと時間をかけて浸かることが多いので、途中の水分補給も欠かせません。500mlのペットボトルにミネラルウォーターなんかを入れて、浴室に持ち込んでおいてくださいね。

 

半身浴をする時間は30分〜1時間くらいにしておきましょう。

 

基本的には汗が出始めてから10分くらいで上がるのが良いのですが、汗腺の機能が弱っている場合、初めのうちはなかなか汗をかかないかもしれません。

 

汗をかかないからといって長時間浸かっていると、身体に負担が掛かってしまいます。長くても1時間ほどで上がるようにしましょう。

 

そして半身浴でお湯に浸からない部分は極力濡らさないようにします。もし身体を洗った後に半身浴をする場合は、浸からない部分の水滴を拭き取っておいてください。そうすることで身体の冷えを防ぐ事ができます。

 

半身浴は汗腺を鍛えるほかに、身体の代謝を上げたり美肌にしたりと嬉しい効果ばかりです。時間が無くて毎日は無理と言う方も、出来る時だけでいいので半身浴を行うようにしましょう。

 

さいごに

特に汗が気になっている人は、お風呂は浸かると汗を余計にかいてしまうから嫌!と言う方もいらっしゃるかもしれません。しかしその汗をかく事こそが、日中の汗や臭いを抑える効果があるのです。

 

シャワーだけで済まさず、毎日湯船に浸かることで汗腺が鍛えられてベタベタした汗をかかなくなるのです。時間が無い時でも出来るだけ湯船に浸かって、汗をかくようにしていきましょう。

 

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策