脇汗 産後

MENU

産後の脇汗がひどい理由と対策方法をご紹介しています!

ワキガ対策産後妊娠中

出産後、脇汗に悩んでいるという女性も多いと思います。

 

これは特別なことではなく、出産を経験した女性なら誰にでも起こりうる症状なのです。

 

産後の女性がすべて脇汗の症状が出るわけではありませんが、たくさんの女性が悩んでいるのは事実です。

 

中にはワキガ臭に悩んでいる人もいらっしゃるかもしれません。産後の脇汗は、いったい何が原因でどのような対策をしていけばよいのでしょうか。

 

産後の脇汗はなぜ起こる?その原因とは。

産後は体質が変化しやすく、ホルモンバランスが乱れることで脇汗の症状がでてしまいます。

 

妊娠を維持するためにプロゲステロンというホルモンが通常より多く分泌されるため、妊娠中は基礎体温が上がります。

 

そのため身体全体が熱くなり、汗をかきやすくなるのです。ホルモンの分泌は出産をしてもすぐには正常には戻りません。月経が再開し順調に戻るまでは、乱れたままなのです。

 

また通常は男性ホルモンが汗を出し、女性ホルモンが汗を抑えるということで汗の状態を保っています。しかし産後は女性ホルモンが減り、汗を抑えることができないので脇汗をたくさんかいてしまうのです。

 

産後にワキガになってしまったと感じている女性もたくさんいますが、ワキガは基本的には急に起こるものではありません。

 

そういった人は実はもともとワキガ体質だったのですが、症状が比較的軽くそれまで気が付かなかったという人が多いです。

 

妊娠や出産後に敏感になった嗅覚のせいで、今まで気にならなかったワキガ臭が気になってしまい、一度気になるとなかなかおさまることはありません。
そのため妊娠や出産をしてから、ワキガになったと感じる人が多くいるのです。

 

産後の脇汗対策はどうすればいいの?

まずは赤ちゃんに影響がない方法を選ぶことが大切です。そのため内服薬は避けるか、飲む場合は自分で判断せずお医者さんにしっかりと相談をしてからにしましょう。

 

赤ちゃんに影響がないもので脇汗対策におススメなのが、まず重曹やミョウバンを薄めたスプレーです。

 

これらは天然素材ですので万が一赤ちゃんの口に入ってしまっても大丈夫なのです。しかも香りもないので赤ちゃんも気になることはないでしょう。

 

 

産後の脇汗はニオイが気になることも多く、スプレータイプの制汗剤では効果がないという人もたまにいらっしゃいます。そういった人には、金額は少し高くなってしまいますが薬用デオドラントがおススメです。

 

産後の脇汗は基本的には一時的なものなので、制汗剤や薬用デオドラント、ミョウバンスプレー、重曹スプレー、脇汗パッドなどでしばらく対処しておくのが良いでしょう。

 

さいごに

脇汗対策

急に増えた脇汗は不快でいつまで続くのかも不安だとは思いますが、産後の脇汗は一時的なことが多いです。

 

たいていは授乳期間を過ぎれば、脇汗はおさまります。神経質になりすぎると赤ちゃんにも悪影響がでてしまいますし、何よりも更なる脇汗の原因にもなりかねません。

 

あまり神経質にならず、心配しすぎないようおおらかな気持ちで受け入れられるようにしましょうね。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策