脇汗 睡眠

MENU

睡眠不足で脇汗はひどくなる!脇汗と睡眠の意外な関係って?

睡眠不足脇汗

特に暑くもないのに気付いたら脇汗をじんわりとかいていて汗ジミや臭いが気になる、なんてことはありませんか?

 

脇汗の原因はいろいろありますが、仕事が忙しく朝早くから夜遅くまで働いている方、夜遅くまで起きて遊んでいる方、もしかしたらその生活習慣が原因かもしれませんよ!

 

脇汗の原因は睡眠不足かもしれません

睡眠不足脇汗

実は脇汗の原因のひとつに睡眠不足が関係しているというものがあります。

 

睡眠不足になると副交感神経がバランスを崩し、自律神経がおかしくなってしまいます。

 

自律神経がおかしくなると、汗を抑制している神経に異常が起こり、汗をコントロールできなくなってしまうので脇汗が大量に出てしまうという現象が起こるのです。

 

睡眠不足によってノンレム睡眠(深い眠り)の時間が少なくなってしまうことも問題です。ノンレム睡眠の最中には成長ホルモンがたくさん分泌されます。

 

成長ホルモンはその名の通り成長を促すホルモンなのですが、それ以外にも代謝をコントロールし正常にする働きがあるのです。

 

ノンレム睡眠の時間が少ないと、その代謝のコントロールがうまくいかなくなってしまいます。代謝が正常に行われないと汗のコントロールが難しくなってしまい、たくさん汗をかいてしまう原因になってしまうのです。

 

また睡眠不足でストレスが溜まってしまい、そのストレスが精神性発汗という症状を引き起こしてしまうこともあります。これらの汗は激しい運動をした後、体温上昇で出る汗とは違い、エクリン汗腺から汗が過剰に出ることで起こってしまいます。

 

そのため身体は暑くないのに、脇や顔などの上半身だけ異常に汗をかいてしまうという現象が起こります。

 

 

睡眠不足からくる脇汗にも臭いが!その原因とは!?

基礎代謝が低下することが原因で起こる臭い

睡眠不足になると基礎代謝が低下してしまいます。基礎代謝とは私たち人間が何もしなくても消費するエネルギーのことです。

 

基礎代謝が低下すると肌の抵抗力が弱まり、菌が繁殖しやすい状態になってしまうため臭いを発してしまうことになります。

 

さらに基礎代謝の低下は内臓機能も低下させてしまいます。特に肝臓は臭いを分解する機能があるので、その機能が弱まってしまうと臭いのもとを分解できずそのまま体外に放出されるのです。

 

また内臓機能が低下することで便秘を引き起こしてしまいます。長い時間便が体内に蓄積されることで、臭いが呼吸や汗と一緒に出てしまうのです。

 

皮脂の分泌が活発になることが原因でおこる臭い

睡眠不足は皮脂腺の働きを活発にし、全身の皮脂が必要以上に出てしまいます。夜更かししたりオールナイトで遊んだりしたとき、気付いたら顔が脂っぽくなってテカテカしていたという経験はありませんか?

 

それは睡眠不足によって皮脂腺が活発になっていたからなんです。

 

これが1〜2日くらいだと特に問題はないのですが、連日続くなど習慣化してしまうと毛穴に出すぎてしまった皮脂や汚れが詰まり、臭いのもととなってしまいます。

 

また詰まった皮脂や汚れが酸化することによってさらに臭ってしまうことにもなります。

 

睡眠不足による脇汗を軽減するためには

睡眠不足脇汗

まずは睡眠不足を解消することが大切になってきます。生活習慣を見直し、できるだけ毎日6時間以上の睡眠をとるように心がけましょう。

 

特に22時〜2時は成長ホルモンの分泌が活発になりますので、なるべくその時間に睡眠をとることが理想です。

 

しかし仕事などでどうしても睡眠時間が6時間以上とれない場合は、休憩時間に昼寝をしてみることをおすすめします。

 

あまり長い時間は余計に身体が疲れてしまいますので、10〜15分くらいを目安に昼寝をすると、スキッとして眠気も軽減されますよ。

 

質のいい睡眠をしっかりとって、脇汗知らずの身体を目指しましょう!

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策