脇汗 食べ物

MENU

脇汗をひどくする食べ物を知って控えていきませんか?

脇汗食事

脇汗は現代の日本人の悩みのひとつでもあります。

 

なぜ「現代の」悩みなのかというと、それには食生活の変化が関係しています。

 

昔は野菜や穀物類などのいわゆる和食の薄味がメインでしたが、近年は食の欧米化により肉や乳製品などの動物性食品が中心の食生活になっています。

 

この食の欧米化により、日本人の脇汗の悩みが増えてきているのです。

 

なぜ食生活が欧米化すると脇汗がひどくなるの?

欧米の食事、肉や乳製品が多い食事には脂肪分がたくさん含まれているので、体温が上がりやすくなります。

 

そのため汗をかきやすくなります。また脂肪が多いため肥満になりやすいので、それにより汗をかきやすくなってしまいます。

 

脇汗をかかないようにするには、タンパク質や脂肪分が多い食事はなるべく減らし、糖類や野菜を多めに摂るようにすることが大切です。

 

ではどのようなものを食べると脇汗が増えてしまうのでしょうか。

 

脇汗の原因になってしまう食材

脇汗食事

肉、乳製品

先ほども言ったように、肉や乳製品には脂肪分がたくさん含まれています。動物性の脂肪は汗腺を刺激してしまうので、汗をかきやすくなるのです。

 

しかも脂肪を含んだ汗は、ドロドロとしていてきついアンモニア臭を放ってしまいます。

 

香辛料が多いもの

辛い物やすっぱいものなど、刺激の強い食べ物はカプサイシンという成分が含まれています。そのカプサイシンは交感神経を刺激し活発にします。

 

交感神経が活発になると、副交感神経とのバランスがとれなくなり汗がたくさん出てしまうのです。実は辛い物やすっぱいものだけではなく、甘すぎるものも同じような症状になってしまいます。なにごとも適度がいいということですね。

 

カフェイン

コーヒーや紅茶などにふくまれるカフェインは、中枢神経を興奮させ汗腺を刺激してしまいます。そのため汗が出やすくなるのです。

 

1日1〜2杯くらいなら問題はありませんが、多く摂りすぎるとワキ汗の原因になってしまいます。

 

冷たい飲み物

冷たい飲み物が全てダメだというわけではありません。冷たいものを急に大量に飲んでしまうと、身体が急激に冷えて自律神経のバランスが乱れてしまいます。そのためワキに大量に汗をかいてしまうのです。

 

これらの食べ物は絶対に食べてはいけない、というわけではありません。極端に摂りすぎたり、一気に摂りすぎたりするとワキ汗の原因になってしまいます。

 

では逆に脇汗を抑える効果のある食べ物にはどんなものがあるのでしょうか。

 

脇汗を抑える効果が期待できる食材

脇汗対策に豆乳が良い

大豆系食品

豆腐や納豆、味噌、豆乳などの乳製品には、発汗を抑える効果があります。汗をたくさんかく人は、男性ホルモンが多いと言われています。

 

大豆に含まれている、イソフラボンは男性ホルモンとは逆の女性ホルモンに似た働きをするので、発汗を抑えることができるのです。

 

ハーブ系

緊張状態でかいてしまう脇汗に効果的です。このタイプのワキ汗の場合、副交感神経を優位にすると汗はとまります。

 

副交感神経を優位にするということは、つまりリラックスするということです。ハーブの中でも、ラベンダー、ローズ、ジャスミンは特にリラックス効果があります。

 

これらのハーブを取り入れたハーブティーを飲むとリラックス効果があり、ワキ汗を抑えることができます。

 

クールベジタブル

クールベジタブルとはその名の通り、身体を冷やす野菜のことです。きゅうり、とまと、なすなどが代表的なクールベジタブルです。

 

このクールベジタブルは身体に溜まった余分な熱を逃がしてくれるカリウムがたくさん含まれているので、脇汗をかきにくくなります。これらの野菜は生のままで食べると効果があります。

 

女性ホルモンを整える食品

大葉、もやし、アボカド、山芋には「植物性エストロゲン」と呼ばれる成分が含まれています。植物性エストロゲンは、女性ホルモンのエストロゲンと似ており、自律神経を整える効果があります。

 

また山芋には自律神経を調節するDHEAという成分が含まれているので、さらなる効果が期待できます。これらの食材は女性ホルモンが乱れやすい更年期のときにおススメです。

 

脇汗食事まとめ

食事で完全に脇汗をストップすることはなかなか難しいですが、軽減することはできます。

 

汗が出やすい食材を摂るのはなるべく控え、代わりに汗を抑える食材をたくさん食べて脇汗を少しでも減らせるようにしていきましょう。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策