脇汗 ツボ

MENU

汗をかけない舞妓さんもやっている脇汗を止めるツボとは?!

脇汗が多い人は、暑いときだけではなく冬の寒い日でも汗をかいてしまいます。
ふと気がつけば、ワキがじっとりとしていてうかつに腕を上げられない、という状況になっていることも・・・。

 

脇汗対策として、制汗作用のあるデオドラント商品を試しているかたも多いとは思いますが、お金がかかったり体質に合わなかったりすることもありますよね。

 

そこで今回は人間なら誰しもが持っている身体のツボのなかで脇汗に効果的なものをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

まずは【手】にある脇汗を抑えるツボです。

脇汗対策ツボ手

後谿(こけい)

手を握った時、小指の付け根あたりにできるポコポコと飛び出ている部分。手相の感情線がスタートするところあたりです。

 

ここを親指かペンで強めにグイグイと押します。このツボは身体全体の熱を下げるので、汗を抑える効果があります。

 

陰げき(いんげき)

手のひらを上にして手首の小指の付け根のあたりにあります。親指で強めに押してください。

 

ここはペンだと少し押しにくいかもしれません。このツボも身体の余分な熱を取り、汗を抑える効果があります。

 

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が交わるあたりから少し人差し指よりにあるくぼみです。このツボは体内の水分量を調節して、体内にある熱を調節していく効果があります。

 

労宮(ろうきゅう)

手を握った時に中指の先があたるところにあります。深呼吸して気持ちを落ち着かせながら、5秒押して5秒離す、というのを繰り返すと効果的です。

 

リラックス効果があるツボなので、緊張からくるワキ汗の場合ならば、このツボを押してリラックスすることで汗がおさまります。

 

手のツボはどれも強い効果や即効性のあるツボではありません。しかし毎日押し続けることで効果があらわれます。
どれも手軽に押せるツボなので、毎日の通勤の電車の中や仕事の休憩中などちょっとした時に、押してみてくださいね。

次に、足にある脇汗を抑えるツボ

脇汗対策ツボ足

復溜(ふくりゅう)

内側のくるぶしとアキレス腱の間から、指2〜3本分上にあります。強く刺激するのではなく、やさしく揉んでマッサージします。このツボは水分代謝を正常にする効果があり、汗を抑えることができます。

 

そのほかの脇汗を抑えるツボ

脇汗対策ツボ

屋翳(おくえい)

乳首から指2〜3本分(約3〜5センチ)くらいのところを、3分ほど指やツボ押し器具で押さえます。このツボは大体の場所が押せていればOKです。主に上半身の汗を抑える効果があります。

 

大包(だいほう)

ワキの中心あたりにある、第六助間のあたりを押さえます。腕を組むように両手を交差させて押すとやりやすいですよ。

 

中指か人差し指で押すと押しやすく、さらに親指で先ほどの屋翳を押さえることもできるので、効果は倍増です。

 

右のツボを押さえると右側、左のツボを押さえると左側の汗が止まります。つまり両方押さえると、上半身の汗が止まるということなのです。

 

半側発汗

ワキの下の胴周りを圧迫する半側発汗は上半身の汗を抑える効果があります。ひとの身体は圧迫されている部分からは汗が出にくいようになっています。

 

そのため胴周りを圧迫すると、それより上の部分は汗をかきにくくなるのです。この方法は即効性があり効果も高めで、舞妓さんが顔に汗をかかないようにするために用いられている方法でもあります。

 

舞妓さんは着物の帯でワキの下あたりをきつく締めることにより汗を抑えています。わたしたちが普段の生活で行うとすれば、女性ならばブラジャーのホックをいつもよりきつく締めるだけでも効果があります。

 

男性ならばさらしのようなものを巻いたり、ツボ押しの効果があるベルトも販売されているのでそれをつけたりすると効果があります。

 

この方法を行った人は「本当に汗が抑えられて助かりました。即効性があり、しかもブラジャーをきつくするだけでできるので、いざという時にまたこの方法を行いたいです」という感想をお持ちです。

 

本当に効果があるということがわかりますよね。しかし汗をかく全体の量は基本的には変わりませんので、上半身は汗をかかなくてもそれ以外のところから汗がたくさん出るというデメリットもありますので、この方法を使うときは他の部分からの発汗に注意してくださいね。

 

また長時間圧迫し続けるのは身体に負担がかかってしまいます。できればここぞ!という時だけ、この半側発汗の方法を使うことをおススメします。

 

さいごに

いかがでしたか?

 

脇汗に効果のあるツボは意外と簡単に押せてしまいます。即効性のあるものや継続して押していると徐々に効果があらわれるものなど、効果の出方はさまざまです。

 

その時々に合わせたツボを押して、ワキ汗を軽減させていきましょう。

 

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策