脇汗臭い ワキガ 

MENU

脇汗の臭いとワキガって同じ?違う?

脇汗の臭いとワキガの臭い

ワキの臭い、気になったことありませんか!?

 

汗ジミは見た目でわかるので、自分自身でもどのレベルなのか一目瞭然ですが、臭いは自分ではなかなかわかりませんよね。

 

かといって、周りの人に聞くのもなんだか恥ずかしい・・・。

 

今日は実は気になっているけどなかなか言い出せないワキの臭いについてお話していきたいと思います。

 

気になるワキの臭いは汗の種類によって臭いが違っていたんです!

実はワキ汗には2種類あります。

1つはエクリン汗腺から分泌される汗。もう1つはアポクリン汗腺から分泌される汗。これらの汗腺から分泌される汗はどのような違いがあるのでしょうか?

生命維持に重要なエクリン汗腺

 

エクリン汗腺から分泌される汗の成分は99%が水でできています。残りの1%は、塩分・尿素・アンモニア・ミネラルなどです。

 

この汗は、体温調節や皮膚の乾燥防止など、命の維持に欠かせない重要な役割を果たしています。

 

また、エクリン汗腺から分泌される汗は無色透明で粘り気はありません。基本的にはこの汗は臭いを発しません。

 

しかし長時間放置することによって汗が酸化したり、細菌と混ざったりすることにより臭いを発することがあります。なんとなく酸っぱいような感じの臭いです。

 

とはいっても、きつい臭いではないので汗を拭いてしまえば気にならなくなるでしょう。

 

臭いの原因!アポクリン汗腺

 

アポクリン汗腺から分泌される汗は、脂肪・タンパク質・糖質・鉄分・色素・尿素・アンモニアなどをたくさん含んでいます。

 

エクリン汗腺から分泌される汗と違い乳白色で粘り気があり、さまざまな物質を含んでいるので、細菌などによって分解された時に独特な臭いが発生します。

 

このアポクリン汗腺から分泌される汗こそがワキガの原因なのです。ワキガの人はこのアポクリン汗腺が多いのも特徴です。

 

アポクリン汗腺は遺伝によって、生まれつき数が決まっているのです。両親のアポクリン汗腺が多ければ、子どもにも遺伝します。ワキガは遺伝によるものが強いということになります。

 

臭いのは身体ではありません!

ワキ臭もワキガ臭も、身体からニオイを発していると思っていませんか?実は大きな間違いなのです。

 

どんな人もお風呂を上がってすぐは臭っていないはずです。汗がニオイを発しているのではなくこの汗を栄養にして細菌が繁殖しあの嫌なニオイを発するようになるのです。

 

つまり、常にキレイにしておけば臭いは軽減されるということです。普通の汗のニオイは、身体きちんと洗って清潔にすることや制汗剤を使うことで臭いを抑えることができます。

 

ワキガの人は完全に臭いを消してしまうことは難しいですが、清潔にしておくことで臭いの軽減にはつながります。ワキガの人が完全に臭いを消したいのなら、ワキガ手術でアポクリン汗腺を取り除くことが必要となってきます。

 

ちなみにワキガの人は、自分自身で臭いに気付いていないことが多いですので、汗が多い、汗がネバネバしている、黄色い汗ジミがつく、親族にワキガの人がいる、など気になることがあれば、セルフチェックをしてみてもいいかもしれませんね。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策