脇汗パッド

MENU

脇汗パッドで脇汗対策|いろいろ種類があるからあなたにあったものを選ぼう!

脇汗で悩んでいる方の多くは、汗ジミや黄ばみ、ニオイの悩みが多いと思います。
その脇汗は精神的な発汗が多く、脇汗が出ることの恐怖からまた発汗してしまうという悪循環が起こってしまいます。

 

脇汗対策のひとつとしてワキ汗パッドがあります。
でも脇汗パッドは、見た目にもつけているとわかりやすかったり、ずれたりするかもしれない恐怖から使用するのに抵抗がある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

脇汗パッドにもいくつかの種類があり、洋服や用途にあったものを選ぶことが大切になってきます。

 

ここでは脇汗パッドの種類とそれぞれの特徴について触れていきたいと思います。

 

脇汗パッドってどんなもの?どんな種類があるの?

脇汗パッドは汗自体を止める効果はありませんが、出てきた汗を瞬時に吸収する効果があります。

 

ニオイや黄ばみの元となる雑菌が繁殖する前に吸収し、殺菌・消臭してくれるので快適に過ごすことが出来ます。
また洋服に汗が直接つかないので、黄ばみの心配もなくなるのです。

 

主流は使い捨てタイプですが、最近ではエコの志向から洗って繰り返し使えるものも人気があります。

 

使い捨てタイプは、洋服に貼るもの、脇に直接つけるものがあります。繰り返し使えるものは、ブラジャーのストラップにつけるもの、インナーについているものがあります。

 

脇汗パッドの特徴は、肌質を選ばないことです。敏感肌で制汗剤が使えないという方でも、脇汗パッドならお肌を傷めつけることなく使うことが出来ます。

 

たくさんある脇汗パッド。どのタイプが使いやすい?

使い捨てタイプ

たくさんの色や形が出ているので、洋服に合わせたものを選ぶことができます。吸収性がよく、消臭効果があるものや香り付きの物もあるので、ニオイが気になるときの対策としても使えます。

 

吸収性は3つのタイプの中で一番高いです。汗をたくさんかいたと感じたら、途中で新しいものと交換することができるのも安心して使えるポイントです。

 

激しく腕を動かすとはがれてしまうこともあるので、少し注意が必要です。でもつける時に、しっかり貼れば多少のことでははがれません。

 

脇汗パッドが取れにくくなるつけ方

まず洋服を平らなところに置き、脇のしわを丁寧に伸ばします。通常は洋服の脇の部分と脇汗パッドの折り込み線を合わせますが、少しずらすのがポイントです。

 

脇汗パッドの折り込み部分を脇よりも2センチほど前にずらします。そして、袖から手を入れてしっかりと折り込みます。このようにすることで、通常よりもしっかり脇汗パッドを付けることが出来ますので、試してみてください。

 

洗って繰り返し使えるタイプ

何度も洗って使えるので、とても経済的です。肌触りがよく、敏感肌の人におススメです。3つのタイプの中で、一番お肌に優しいタイプです。

 

種類としてはブラジャーにつけるタイプとインナーについているタイプがあります。ブラジャーにつけるタイプは使い捨てパッドと同じく、汗をたくさんかいたときは交換することが可能です。

 

でも使っているとストラップや固定しているベルトの部分に痛みを感じることもあります。インナーについているタイプは、密着性が高くしっかりと汗を吸収してくれます。しかしたくさん汗をかいたときには、着替えが必要になります。

 

繰り返し使えるタイプは何度も使っていると、色の薄いものの場合黄ばんでくることがありますので、気になる場合はミョウバンなどを使って洗うようにしてください。

 

脇に直接つけるタイプ

肌の色に近いものや透明のものが多いので、つけていても目立ちにくいのが特徴です。3つのタイプの中で一番目立ちにくいタイプです。

 

厚さ0.1ミリと薄いので、つけていることを忘れるくらい脇にしっかりとなじんでくれます。服を選ぶことがなく、また激しく腕を動かしてもずれることがないので安心して使うことができます。

 

ただし毎日使い続けるとお肌がかぶれてしまうことがあったり、敏感肌の人はかゆみがでてきたりしてしまいます。直接脇につけるタイプの脇汗パッドは、お肌が強い人におススメしたい商品です。

 

脇汗パッドまとめ

脇汗対策

脇汗パッドは汗自体を止める効果はありません。

 

多汗症でたくさん汗をかいてしまう方は脇汗パッドだけでは正直脇汗対策は難しく、時間がたつと漏れてしまうこともあります。

 

そういった方は脇汗パッドと制汗剤を同時に使うとWで脇汗を防止してくれるのでいいのではないでしょうか。

 

脇汗パッドといっても、たくさんの種類があります。自分のお肌にあったものや用途に合ったものを選んで使うことが大切です。

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策