脇汗 対策 冬

MENU

寒い冬でも脇汗がひどい!その原因と対策方法

夏は脇汗を気にして対策している人は多いと思いますが、冬はどうでしょうか。

 

冬は汗をかく機会がないから、そんなに気にしていないという方も多いかもしれません。

 

しかし実は冬も夏と同じくらい、もしくは夏以上に脇汗をかいてしまう可能性があります。

 

他の部分はそんなに汗をかいていないのに、脇だけやたらと汗をかいてしまうという経験はしたことがありませんか?

 

暑い夏はわかりますが、なぜ寒い冬に脇汗をたくさんかいてしまうのでしょうか。

 

寒いのに脇汗をたくさんかいてしまう原因

基礎代謝が高くなる

冬は外気温が低く体温も下がってしまうので、自らが熱を発して身体を温めようとします。

 

反対に夏は体内の熱を逃がそうとして、汗をたくさん出します。これが基礎代謝なのですが、基本的に夏よりも冬の方が基礎代謝が活発になります。

 

身体が冷え切ってしまうと、内臓など身体の機能が低下してしまうので、その前に温めようとするからです。

 

さらに脇の下は熱がこもりやすいので、どうしても脇汗がたくさん出てしまうのです。

 

通気性の悪い服を着ている

寒いのでどうしても冬は厚着になってしまいますよね。

 

厚着のまま寒いところから暖かいところに入ることによって、一気に身体が温まり脇汗が出てしまいます。

 

夏なら通気性の良い服を着ていることが多いのですぐに乾きますが、通気性の悪い服を着ている場合はなかなか乾かず、シミや臭いの原因にもなってしまうのです。

 

最近では保温性を重視したインナーも出ているので、それも原因のひとつと言えるでしょう。

 

精神性発汗

これは季節関係なく起こります。緊張やストレスによって脇汗がたくさん出てしまう現象です。

 

人前でしゃべったり車を運転したりと、自分の苦手なことをするときはもちろんですが、汗をかいてしまうかも・・・という不安からも、精神性発汗が起こる場合があります。

 

少なからずこの記事を読んでくださっている方は、脇汗が気になるという方だと思いますので、そのような不安が脇汗を引き起こしてしまっている可能性があります。

 

自律神経の乱れ

ストレスや生活習慣の乱れ、身体の歪みなどで自律神経が乱れることで脇汗が出てしまいます。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、リラックスしているときは副交感神経が、活動している時や緊張、ストレスを感じている時は交感神経が優位に立ちます。

 

そして交感神経は発汗を促し、副交感神経は発汗を抑える役目があるのです。この2つのバランスが崩れてしまうと、交感神経が優位に立つことが多くなってしまい、汗をたくさんかいてしまうことになります。

 

冬の脇汗を抑えるにはどうすればいい?

冬の脇汗の量を抑える対策

最初にも言ったように、冬は基礎代謝が高くなります。これは抑えようがありません。脇汗には他にも原因があります。

 

その原因を見直すことで脇汗を抑えることが出来るかもしれません。

 

まずは生活習慣や食生活を見直し、ストレスを軽減させましょう。そして適度に運動をするようにしましょう。

 

そうすることで自律神経のバランスが整い、脇汗が出る量もうまく調節できるようになってきます。

 

 

冬の脇汗の臭いを抑える対策

冬は夏に比べると水分補給をする機会が少なくなってしまいます。すると汗に含まれる塩分などの濃度が濃くなってしまい、脇汗の臭いの原因になります。

 

汗の量は少し増えますが、出すべき時に出すべき量を出すことで臭いを軽減することができます。

 

そして冬でも出来るだけ通気性の良い服を着るようにすると、臭いを抑えることが出来ます。

 

汗の臭いが気になる場合は、汗をかいたと感じたら出来るだけすぐに汗を拭きとると良いでしょう。

 

 

脇汗と臭いの両方に効果があるのは・・・

これまでご紹介した方法で対策するのはもちろんですが、さらに簡単にケアする方法があります。

 

それはデオドラント商品を使う事です。

 

デオドラント商品の中には、汗を抑える効果があるもの、臭いを抑える効果があるもの、両方に効果があるもの、いろいろあります。

 

夏はこのような商品を使う人も多いですが、冬はついついケアを怠ってしまいがちです。でも脇汗が気になる場合は、冬もデオドラント商品を使ってケアするようにしてみましょう。

 

 

まとめ

冬も意外と脇汗をかいてしまいます。中には夏よりも汗ジミが気になってしまう人もいらっしゃいます。

 

臭いも冬の方がきついのです。夏だけでなく冬も脇汗対策をしっかりしていきましょう。

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策