脇汗 雑巾臭い

MENU

脇汗が雑巾臭い|もしかしてワキガなの?

脇汗雑巾臭い

脇汗をたくさんかくと臭いが気になりますよね。
脇から臭いを発すると自分がワキガなのか、とても不安になると思います。

 

その臭いの悩みの中で一番多いのが、「雑巾のような臭い」です。
その他にも「酸っぱい臭いがする」「プールのような塩素系の臭いがする」など、さまざまな脇の臭いで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

ここではそのさまざまな脇汗の臭いがなぜ発生するのかについて、お話していきたいと思います。

 

汗には2種類ある!?

脇汗の臭いと言っても、全く臭いがしない人もたくさんいらっしゃいます。

 

そもそもなぜ臭いを発する汗と無臭の汗があるのかというと、私たち人間には2種類の汗腺があるからです。

 

ひとつはエクリン汗腺、もうひとつはアポクリン汗腺です。

 

一般的にワキガと診断される人はアポクリン汗腺が多く、そこからたくさんの汗をかくことで臭いを発してしまうのです。

 

基本的にはエクリン汗腺から出る汗自体には臭いがありません。しかし何らかの理由でその汗に臭いが付いてしまうのです。

 

その臭いが最初に言っていた「雑巾の臭い」「プールの臭い」「酸っぱい臭い」などの種類の臭いなのです。

 

モワッと臭う・・・雑巾臭い脇汗の原因と対策

臭いの悩みで一番多い「雑巾のような臭い」。しかし雑巾のような臭いを発しても、ワキガというわけではありません。

 

なぜならこの臭いを発する汗はエクリン汗腺からのものだからです。ではなぜエクリン汗腺からの汗なのに、このような臭いを発してしまうのでしょうか。

 

それは服に付いた汗に菌が繁殖して、臭いの元を作り出してしまうからなのです。

 

私たち人間の皮膚には、常在菌という菌がいます。

 

この菌は悪い菌から私たちを守ってくれる役目があるのですが、汗を餌にして繁殖します。その時に臭いの原因となる物質を作り出してしまい、雑巾のような臭いを発してしまうのです。

 

汗は一度服に付いてしまうと洗濯するまで落とす事ができません。そうなるとどんどん菌が繁殖してしまいます。菌が繁殖すると汗が乾いても、雑巾のような臭いだけは服に残ったままで臭いを発してしまうのです。

 

さらに人肌の36度、脇の下のジメジメした環境と言うのは菌が繁殖しやすい環境なので、どんどん菌が繁殖してしまいます。

 

雑巾のような臭いを発生させないためには

こまめに汗を拭く習慣をつける

元々無臭のエクリン汗腺からの汗に菌が繁殖して、臭いが付いてしまうという事は、菌が繁殖する前に汗を拭き取ってしまえば良いのです。

 

こまめに汗を拭き取ることで服へ付くことも防げるので、菌を繁殖させる心配もありません。

 

生活習慣を見直す

エクリン汗腺からの汗は、基本的にはサラサラで無臭です。しかし生活習慣の乱れや偏った食生活、ストレスなどで汗腺の働きが衰えてしまう事があります。

 

汗腺の働きが衰えてしまうとネバネバした汗になってしまいます。ネバネバした汗は体内の老廃物などをたくさん含んでいるので、臭いを発してしまいます。

 

さらにネバネバ汗は菌の大好物で、臭いの元となる菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

 

ネバネバ汗にしないためには、
  • 早寝早起きなどをして生活リズムを整える
  • 肉ばかりではなく野菜や魚もバランスよく食べる
  • ストレスを溜めないようにする
  • たばこやお酒はなるべく控える

などのことを心掛けるようにしましょう。

 

デオドラント商品を使用する

エクリン汗腺からの汗の臭いは比較的軽度のものが多いので、市販のデオドラント商品で対処することができます。

 

スプレータイプやクリームタイプ、ロールオンタイプなどさまざまな商品が出ています。

 

無香料や香り付きのものもあり手ごろな値段で買えるものも多いので、いろいろ試してみて自分の使いやすいものを見つけてみるのもいいですね。

 

 

雑巾のような臭いの他にはどんな臭いがある?それってワキガ?

脇の臭いで悩んでいる人の多くは雑巾のような臭いに悩まされていますが、その他にもさまざまな臭いで悩んでいる人もいらっしゃいます。

 

最初にも言いましたが、他の臭いとは「酸っぱい臭い」「プールのような塩素系の臭い」などがあります。

 

脇から酸っぱい臭いやプールのような塩素系の臭いがするのはなぜ?

酸っぱい臭い、ヨーグルトのような臭いが脇からする、と言う場合は、汗に含まれる乳酸が原因です。

 

この汗も雑巾のような臭いの汗と同じく、エクリン汗腺からの汗です。

 

通常エクリン汗腺からの汗の中には、乳酸は少ししか含まれていません。
ではなぜ乳酸が原因の酸っぱい臭いがするのかと言うと、それはストレスや運動不足、過度な運動により溜まった乳酸が汗にたくさん含まれるようになってしまうからなのです。

 

エクリン汗腺から出る汗には0.03%の乳酸が含まれています。体内に乳酸が溜まっていない状態であれば、体外に排出されるのはこの0.03%だけなので、臭いを発することはほぼありません。

 

しかし運動不足や過度な運動、ストレスによって乳酸が溜まってしまうと、どうにかして体外に乳酸を排出しようとします。その結果汗にたくさんの乳酸が混ざり、あの酸っぱいなんとも言えない臭いを発してしまうのです。

 

汗にたくさん乳酸を含まないようにするには、適度な運動をして汗をかくことが大切です。そうすることで血の巡りも良くなり、乳酸が体内に溜まることがなくなり、汗にたくさんの乳酸が混ざることがなくなるのです。

 

プールのような塩素系の臭いが脇からする、と言う場合は、汗に含まれる塩素が原因です。汗の中にはわずかですが塩素が含まれています。その塩素の臭いがたまたま強く出ているだけ、という事が多いのです。

 

この臭いは汗をかくことがあれば誰でも発する可能性のある臭いなので気にする事はありません。

 

でもやっぱり気になる、という場合は、「雑巾のような臭い」の対処法と同じように汗をかいたらこまめに拭いて清潔にする、という事を心掛ければ臭いは抑えられます。

 

心配な脇の臭いはどんな臭い?

今までお話してきた「雑巾のような臭い」「酸っぱい臭い」「プールのような塩素系の臭い」は清潔にする、適度な運動をする、ということで臭いを防ぐことができます。

 

なかなかそのような時間が無い方でも、エクリン汗腺からの汗の場合は、市販の比較的安めのデオドラント商品を使うことで消臭することもできるので、特に心配はいりません。

 

ではどのような臭いが心配なのかと言うと、「アンモニア臭」「グレープフルーツ臭」「鉛筆のような臭い」などです

 

これらの臭いはアポクリン汗腺からの汗で、ワキガの可能性があります。ただしこのような臭いがしたからと言っても、必ずしもワキガだというわけではないので安心してくださいね。

 

心配な方、自分がワキガかどうか知りたい方は専門のクリニックなどに行って診てもらうのが一番です。

 

まとめ

脇の臭いで悩んでいる人はたくさんいらっしゃいます。しかし意外と心配な臭いの方は少ないのも事実です。

 

「雑巾のような臭い」「酸っぱい臭い」「プールのような塩素系の臭い」はワキガではありません。

 

これらの臭いが気になっているという方は、日ごろから脇を綺麗にすることを心掛けておくと、臭いを抑えることができます。

 

まずは日常で出来ることから始めて、臭い対策をしていきましょう。

 

 

脇汗対策参考ページ

 

制汗剤おすすめランキング

 

TOP⇒脇汗対策